くるすちゃんのほーむぺーじ

     キリストのかほり


メインメニュー
聖書通読
キリストのかほり
コンテンツ一覧
blogアーカイブ
トップ  >  内村鑑三  >  復活



人の復活はイエス独特の事業である。

これ彼を離れて行わるることではない。

人は天然的に復活するのではない。

イエスによって復活せしめらるるのである。

ゆえにいう「われ末(おわり)の日にこれを甦(よみが)えらすべし」(注一)(ヨハネ伝6:54)と。

「彼に生命あり」といわれし彼イエスが、彼が、甦(よみが)えらすべしとのことである。

復活を自然的現象としてこれを解することはできない。

復活は生命の新供給である、その新発展である。

ゆえに生命(いのち)の源なる神の子イエスによってのみ行わるることである。

「われ末(おわり)の日に甦えらすべし」という。

人の言(ことば)としては妄言(もうげん)の極である。

されども生命の源なる神の子の言としては当然の言である。

イエスは天よりくだりし生命のパンである。

彼を食(くら)いて人は生長し、ついに永生に達するのである。

注:旧訳

内村鑑三 「一日一生」 4月6日

投票数:41 平均点:3.90
前
人生の目的
カテゴリートップ
内村鑑三
次
信仰である

検索
テーマ選択

(2 テーマ)

アクセスカウンタ
今日 : 61
昨日 : 5
今週 : 100
今月 : 79
総計 : 234208
平均 : 78

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project