くるすちゃんのほーむぺーじ

     キリストのかほり


メインメニュー
聖書通読
キリストのかほり
コンテンツ一覧
blogアーカイブ
トップ  >  内村鑑三

内村鑑三







(1861~1930)
キリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。
高崎藩士内村宜之の長男として江戸小石川に生まれる。
札幌農学校でキリスト教に出会う。
教会を重要視する欧米のキリスト教に反旗を翻し、「無教会主義」を唱えた。
群馬県出身の新島襄は、群馬県の「上毛かるた」において10枚目の札「こ」で次のように詠まれている。
「心の燈台 内村鑑三」
(はてなダイアリーより)

【代表作】
『余は如何にして基督教信徒となりし乎』
『基督信徒のなぐさめ』
『代表的日本人』
『後世への最大遺物』
『デンマルク国の話』
『一日一生』
『続 一日一生』
など多数

更に詳しくは下記参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E6%9D%91%E9%91%91%E4%B8%89

コンテンツ


検索
テーマ選択

(2 テーマ)

アクセスカウンタ
今日 : 31
昨日 : 5
今週 : 70
今月 : 49
総計 : 234178
平均 : 78

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project