くるすちゃんのほーむぺーじ

     キリストのかほり


メインメニュー
聖書通読
キリストのかほり
コンテンツ一覧
blogアーカイブ
トップ  >  内村鑑三  >  11月19日 神の愛と人の信



神にありてもっとも深いものは愛である。

人にありてもっとも深いものは信である。

神は愛をもって人に臨みたまい、人は信をもってこれに応(
こた)えまつる。

ここに神と人との真個の和合が行わる。

神の喜び、人の救い、天地の調和、神人の合一とはこのことである。

神は永生(
かぎりなきいのち)を人に賜わんと欲したもう。

しかして人は信仰を以てこれを受く。

賜わんと欲するの愛、受けんと欲するの信……宗教といい、永生といい、

解するに難いことではない。

神の愛と人の信、律法(
おきて)も、預言も、福音も、神学も、

これをもって尽きているのである。

内村鑑三 一日一生 11月19日

投票数:55 平均点:8.00
カテゴリートップ
内村鑑三
次
秋の感

検索
テーマ選択

(2 テーマ)

アクセスカウンタ
今日 : 60
昨日 : 5
今週 : 99
今月 : 78
総計 : 234207
平均 : 78

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project