くるすちゃんのほーむぺーじ

     キリストのかほり


メインメニュー
カテゴリ一覧
聖書通読
キリストのかほり
コンテンツ一覧
blogアーカイブ

くるすのblog - 201902のエントリ

お腹の不具合15新年一月と二月、QT延長

カテゴリ : 
健康
執筆 : 
kurusu 2019-2-28 22:50

2019年最初の診察は1月28日でした。

この日は特別なことはあまりありませんでした。
1月20日に法事があり四国にいきました。法事のためだけに一泊して行くのは勿体ないということで、鳴門の大塚国際美術館を観にいくことにしました。ここは夫が以前から行ってみたいと言っていたところなのです。その話はまた別の機会にして、その時にホテルに二泊したのですが、二晩ともよく眠れず、お腹がシクシク痛んだのです。朝、食事をすると痛みは治り、食事も美味しくいただけるのです。

そんな話をすると、それは矢張り緊張からだろうと言われました。
そんなに緊張していたとは思えないのですが・・・そういう意識がなくても症状に出るのがこの病気の特徴なのでしょうね。

そして先生からは
「ご主人が○○さんになられたことが心に大きな負担となっていたようですが、最近はどうですか?」
と訊かれました。
くるすはそういう質問に対する答えの用意がありませんでしたので何と答えたらよいかとっさには思いつかず、なんか曖昧な返事しかできなかったように思います。
「そうですね~~すっかり解決した訳ではないのですが、最近は諦めた、というか・・・余り考えないようにしている、というか・・・」みたいに。。。

で、眠剤を処方していただき、この日の診察を終えました。

ーーーーー

次は一か月後の2月25日(月)でした。

・この一か月は、よく風邪をひきそうになったが、葛根湯でなんとかひどくならずに治った。
・夫の弟の葬儀があったり、左足の小指にひびが入ったりしたが、お腹の具合はまぁまぁだった。
・体重が39キロ台に安定してきたようで、時々40キロに届く日が何回かあった。
・義弟の葬儀の週はホテルに泊まったり何かとバタバタして自律訓練は出来なかったが、一日一回くらい「気持ちが落ち着いている」と言うのだけやってみた。
・夫のことでイライラすることが多かった。

というようなことをお話した。

また、2月に行なった「人間ドック」の結果を先生にお見せした。
総合判定がD2と、成績はよくない。
婦人科系はいつもの通りA判定でよかった。
・高血圧・痩せすぎ・眼底異常・肝機能要経過観察・心電図・頸動脈超音波・などなど、よくないところが次第に増えてきている。
・心電図に先生が心配されるようなものがあった。

心電図:洞徐脈、QT延長 とあった。

心療内科の先生は
「QT延長というと私だったら即入院していただくことになります。そのくらい重要なことです。」と言われた。
QT延長というのは、心臓の心筋細胞の電気的回復が延長することだそうです。心電図でわかり、発作がないときは全く正常なのですが、失神の原因になったり、突然死を招くような致死的な不整脈の原因になるらしい。
原因としては先天的なものと後天的なものがあるようです。電解質の不足が原因になることもあるようで、先生は取り敢えず血液検査をしてみましょう、と。
で、次のくるすの循環器内科の予約が3月18日なので、結果が出たら先生が電話でお知らせしてくださることになった。
病院の帰りにデパートに寄ったりしていたら、地下鉄の中で一度電話があったのだが出られなくて、次に家に向かうタクシーの中で電話がありました。
「検査の結果は、マグネシウム、カリウム、カルシウム、いずれも正常で、電解質には問題ありませんでした。循環器内科の先生にはそのようにお伝えください。」と。

以前にも血液検査の結果を電話で教えてくださった。

 

その他お話したことは、夫とのストレスに関して。
というのは、前回の診察の時に先生が
「ご主人が○○さまになられたことで心にストレスを感じて今回の不調につながったと思うのですが、最近そのことについてはどうですか?」
という質問があったのだ。
その時はあまりそのことについて考えを纏めていなかったので上手に答えられなかったので、今日はお話しようと思っていました。

このことは改めて書こうと思います。

検索
テーマ選択

(2 テーマ)

blog カレンダー
« « 2019 2月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2
アクセスカウンタ
今日 : 44
昨日 : 5
今週 : 83
今月 : 62
総計 : 234191
平均 : 78

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project