くるすちゃんのほーむぺーじ

     キリストのかほり


メインメニュー
カテゴリ一覧
聖書通読
キリストのかほり
コンテンツ一覧
blogアーカイブ

くるすのblog - 201506のエントリ

 心房細動⑥6月10日(水)

今回は一か月以上間をおいての診察。
夫は今日は所用で来られなかったが送ってくれた。
9時半の予約だったので、9時前に行き、血液検査と心電図。
朝早いせいか両方ともあまり待たずに済ませられた。
 
ところが診察は約一時間待った。仕方がない。
 
今日の心電図は正常だった。
血液検査も特に問題はなかった。
 
5月になってから脈をとってみていることを話した。
5月はずっと正常の脈が続いた。
時々夜に不整脈が出ることがあったが、翌朝には正常に戻っていた。
ところが6月7日(日)の夕方から8日(月)の夕方まで脈が乱れっぱなしだった。
それで8日(月)に最近行き始めた鍼治療に行ったところ、その日の夜にはしっかりと正常に打つようになった。
 
鍼治療の話はしなかったが、前回の診察4月28日(火)の帰りに発作でとても苦しくて歩けなくなったことと、今回の7日~8日にかけての不整脈について話した。
先生は「あ~やっぱり起こるんだな~」と言われた。
症状が出なくても脈が乱れるのが出たらそれを「発作」というそうだ。
 
先生は
これからも頻繁に発作が繰り返されたり、発作の後、戻らなかったりするようだったら「カテーテルアブレーション」を考えましょう、
と言われた。
 
先生はカテーテルアブレーションが専門なので、薬でずっと治療しようとは思わない、とも仰っていた。
 
う~ん、カテーテルアブレーションか・・・・
 
成功率が60%だとも言うしな~
一応手術だし・・・
 
「悩みますね」
とくるすが言うと、先生は
「大いに悩んで結構。
そんなにすぐに決めることではない。
ただ、慢性になると治りにくくなるからね。」
と言われた。
 
それとこのブログの「心房細動②」の中で述べている色々な症状について伺ったところ、それらは矢張り心房細動の症状でしょう、と言われた。
やっぱりそうだったんだ。
もう一度ここにコピーしておこう。
 
*****
最初にあれっ?と思ったのは3月の夜の祈祷会の時でした。最初に賛美するとき、立ち上がったら急にくらっとしたのです。すぐに座ったらよくなったのですが、祈祷会が終わるまで心配でした。
・その次は夏のこと、毎朝6時台に30分くらいウォーキングをしていたのですが、何度か苦しくなったことがあったのです。でも心臓が苦しいというのではなくて、兎に角全身が重く、疲労感で足が前に出ない、下り坂なのに一歩出すのが辛いという感じでした。歩いていないのに汗がでました。
確たることは言えないのですが、もしかしたらあれは心房細動の発作ではなかったのかな~。
・それと11月にも朝キッチンに立っていたら急に気分が悪くなり、横になったのですが、冷や汗が出たりしました。
その後すぐに治ったのですが、その三時間後くらいに家庭礼拝をしている時、椅子に座っていたのに急に同じように気分が悪くなり冷や汗も出て休みました。
これも心房細動の発作だったのかも~。
・お正月に娘の家族が来たとき、キッチンでエビフライを揚げていました。
その時も急にくらくらっときて座りこんでしまいました。
しばらく休んでいたらよくなりましたが、何だったのだろう。。。
これも発作かもしれない。(心房細動②より)
*****
 
やっぱり一年以上前から心房細動の兆候が出ていたのですね~
でも普通このくらいのことで心臓の検査になんかいかないよね。
行くのかな・・・。
今日はこのことがハッキリしてよかったかも。
 
これはくるすの記録のために書いています。
検索
テーマ選択

(2 テーマ)

blog カレンダー
« « 2015 6月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
アクセスカウンタ
今日 : 35
昨日 : 5
今週 : 74
今月 : 53
総計 : 234182
平均 : 78

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project